修理できない新技術

最近の疑問。

修理できない外装部品が増えてきましたね~。

軽量化の為にフェンダーを樹脂製にしましたなんてのが登場して20年程?

少しでも凹んでいると板金屋さんから修理不可と言われて困っていました。

そこまではまあ何とか許すとしても、最近はバックドアまで増えてきました。

写真は、10年程前に登場したマツダ車のバックドアです。

弊社で2年前に登録した商品ですが、未だに売れない原因を調べて気が付いた!

メーカーのリコール対象部品らしく、中古部品は必要とされてない。

原因はバックドア付け根のヒンジ部分の亀裂発生です。

弊社の在庫もよ~く見ると、<スポイラーに亀裂があり>と記載してます。

実はスポイラーに見える一体成型のプラスチックです。おまけに内貼りも無いむき出し!

プラスチックの成形部品にガラスを接着材で貼ってあるだけと思ってもらえばOKです。

開け閉めを繰り返すうちに亀裂が入り内貼りも無いもんだから即雨漏れするようです。

鈑金屋さんでも修理不可で、新品交換するしかないようです。

売れない訳だ。イヤ売れなくてよかった。廃棄します。勉強しました。

 

しかし、メーカーも懲りたと思ったらまた最近の新型車に登場してきましたね~。

タントやフィールダーの新型車説明を読むと2.5㎏程軽く作れるらしい。

少しでも凹んだら交換でっせ!

維持補修に大金がかかることを考えたらワタシは2.5Kgのダイエットに挑む!

誰のためのエコ? エゴ?

 

Topics

 

K-parts

 

当社HPへようこそ。

業者卸し専門店として

岐阜県を中心に仕入販売している金森商会が、一般のお客様にもDIY感覚で気軽にリサイクルパーツを使っていただけるようにご紹介するサイトです。

 

お問合わせ商品写真が確認できます
お問合わせ商品写真が確認できます

お問い合わせ

   Mail

 TELL

  Fax


営業時間

8:30 ~ 18:00 (月~土)


ブログ

携帯ブログ
携帯ブログ
  バナー
  バナー